ウィンタープログラムメニュー

流氷

オホーツク海に面した標津町は例年2月中旬~3月中旬頃、はるか数千kmの彼方、ロシアのアムール川から流れ出た氷の群が接岸する。北国で生きている動植物に豊かな恵みをもたらすことになる。国後まで海一面広がる純白の世界は、心まで洗われるかのようだ。

最大人数
100名
所用時間
2時間
受入期間
2 - 3月

アイスキャンドルづくり

厳冬地ならではの楽しみの一つ。オリジナルキャンドルが冬の標津を彩ります。

最大人数
50名
所用時間
1時間
受入期間
1 - 3月

スキー

国後と野付半島を眺め、白樺と針葉樹に囲まれたゲレンデ。厳しい気象条件が創り出す優れた雪質。

最大人数
40名
所用時間
3時間〜
受入期間
1 - 2月

スノーシュートレッキング

雪が降らないと行けないような川も谷もスノーシューなら簡単である。ヒグマやエゾシカの痕跡も見つかる。冬の樹木も観察できる。

最大人数
20名
所用時間
3時間
受入期間
1 - 3月

イグルづくり

エスキモーが狩りに使う住居の一つ。苦労して作り上げていく共同作業は、大変貴重な体験となる。

最大人数
20名
所用時間
6時間
受入期間
2月

現在のページは、ウィンタープログラムのページです。他の教育・体験メニューも下記よりご覧下さい。
これら体験メニューは団体の方を対象としております。個人の方は問い合わせ願います。